キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 弁護士の転職先と収入について : 転職攻略ガイド!弁護士編

弁護士の転職先と収入について

転職攻略ガイド!弁護士編

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
弁護士の転職先は法律事務所か企業弁護士の二択が主な選択肢になりますが、企業弁護士の方が収入は低い傾向にあります。
転職攻略ガイド!弁護士編のメインimage

弁護士の転職先と収入について

弁護士の職場としては企業内弁護士となる方法の他に法律事務所がありますが、収入を比較した場合、法律事務所の方が収入は多い傾向にあります。

元々企業内弁護士が増加してきた理由の1つに弁護士の数自体の増加がありました。

弁護士の年収は高く、企業が弁護士を雇用する事が費用に対して効果が十分得る事が出来ない、そういったケースもあったのですが年収の低下によりそういった問題はなくなりました。

弁護士の全体数が増加した結果、弁護士の価値が減少、その結果弁護士という職業の平均的な収入が減少する結果になってしまったのです。

とはいえ現在でも年収1000万円を超える収集を得ている弁護士も多く、法律事務所に勤務している人にその割合は多い傾向にあるようです。

企業内弁護士は企業の内部に精通し、どうすれば良い方向へ進んでいけるか考え、提案する立場にもあります。

その為、企業内弁護士として活動をしていき、キャリアを積む事で専門性を高め転職する事で年収を高める人もいます。

弁護士は法務の仕事において幅広い業務が可能ですが、企業においては専門性が求められており、一定分野に強い弁護士は重宝されています。

また弁護士の活動において自身の能力と共に人脈も大切な要素であり、企業内弁護士として活動をいつつ人脈形成に勤しむのも良いでしょう。

より良い転職先を見つけていく為には自身のキャリアを積んでいく事が大切ですので、転職をする前に自身のキャリアアッププランも考えておきましょう。

転職の専門家であるコンサルタントに相談し、検討しておくのも良いですね。

Copyright www.justmycrazykitchen.com.